JaSST'18 Tohoku感想

JaSST'18 Tohokuに行ってきました。
職場の勉強会で話す内容の下書きとして、ブログに感想を書こうと思います。

途中眠くなってしまい、とりとめない文章です。おやすみなささささ…

▼資料やレポートはこちら
http://www.jasst.jp/symposium/jasst18tohoku/report.html

▼感想
HAYST法はテスト開発技法です。

今まで、仕様書あることを前提にした方法だと思っていたのですが
仕様書に書いてないこともテストできる方法でした。

プロセスを見ると 要求分析・テスト設計・テスト実装 とあって、
VStepもゆもつよメソッドも基本的には同じ。
どうやってかんがようか?ってところがみんな違くて
それぞれの作った人の関心や困りごとの解決に特化した形になっているんだと思う。
だから、こうゆうものを学んで、自分たちの仕事に活かせるように取り込めるといいなと思っています。

私が4月のイベントで「世界平和のためにテスト活動している」という話をしたのですが
秋山さんが、世界平和を実現するための方法がHAYST法って言っていて、
私の中では、ただのマインドでしかない感じだったのに、急に世界平和が具体的になって、周りの人がついてきてくれそうな印象を受けました。
(※4月のイベントは私は資料上げてない。 https://connpass.com/event/83134/ )

今回、ユーザーストーリーというのを使って、機能の分析をしていた。本には書いてなかったやつ。
よくある正常パターンと、あんまりなさそうなパターンでの使い方を考えることで、市場にあるだろう範囲をカバーできるとのことで
開発者の想定を超えて考えることができる方法ってのは、凄いなと思った。

あと、ユーザーストーリでユーザーのやりたいことで機能を分けて、
それでも大きすぎれば目的機能を小さくして考えるというのがよかった。



○ワークでやったこと
・テスト要求分析
 ①6W2H:3つの視座で考えることで要求を理解する
 ②ユーザーストーリー:ユーザー視座{When(いつ), Where(どこで), Who(だれが)}から、どんな機能があるか考える
 ③FV表:ユーザーストーリーから機能にして、どんなテストしたいか考える
  ※大きいままだと考えられないから、小さくして考えることがFV表のミソ。
   機能についてどんなこと確認したいのか(観点?気になるところ?因子?)、
   どんなテスト(シナリオ?パフォーマンス?組み合わせ?)が必要かをかんがえます
・テスト設計
 ③ラルフチャート:FV表の機能一つに対して、情報の整理と因子の 洗い出し。
   入力・出力・ノイズ・状況変数(読み込み/書き込み)を考える
 ④FL表:因子と水準、意図を整理するための表。一行が1テストケースになる。
   ※ワークでやってない


FL表はワークでやっていない。説明だけ聞いた。
その水準を選んだ理由を書くことができて、いいなと思った。業務の改善につなげる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○まとめ

・わからないことは、大きすぎて複雑に見えているだけ。
 小さくして考える
 
・意図が書いてないと、消していいのかわからないのでテストが増える
 
・視座を変えて分析することで、市場での不具合を事前に防げる

私には、できない理由がありすぎる

いきなりですが、私には野望がある。
ラインスタンプを作ってみたいのだ。
ラインスタンプでお金を稼いでみたい。

スタンプを作ろう!と周りに宣言したものの、何もしないまま4年ほど経過している。
やりたいけど、なんだかできない。自分の好きなスタンプ作れるし、たぶん作るの面白いし、うまくいけばお金も入る。

ラインスタンプ作ってみたい!
ラインスタンプでお金稼ぎたい!

でもめんどくさい!!

f:id:sby_neko:20170521163358p:plain

なんでか。

40枚も絵をかかないといけないからだ。
正確には42枚。
・メイン画像 1個
・スタンプ画像 40個
トークルームタブ画像 1個

面倒くさい!
面倒くさいよ!

ほかにも、いろいろできない理由がある。

▼とにかくできない理由
--------------------------------------------
・沢山絵をかくのが面倒くさい
・色を塗るのが面倒
・テーマが決まらない
・ひとつひとつ、何を書くか悩む
・作業する時間がない
・締め切りがないから着手があとまわし
--------------------------------------------

あーもう、面倒くさい。

こいつらが、いなくなればいいのに。

▼こいつらが消えたらどうなる??
--------------------------------------------
・沢山絵をかくのが面倒くさい     →簡単に必要な絵がそろう
・色を塗るのが面倒          →色塗りが楽
・テーマが決まらない         →周りの人、自分がよく使う表現がテーマになる
・ひとつひとつ、何を書くか悩む    →何を書くか決まっている
・作業する時間がない         →スケジュールたててある
・締め切りがないから着手があとまわし →締め切りがある
--------------------------------------------

▼できない理由がない状態だけまとめてみた
--------------------------------------------
・簡単に必要な絵がそろう
・色塗りが楽
・周りの人、自分がよく使う表現がテーマになる
・何を書くか決まっている
・スケジュールたててある
・締め切りがある
--------------------------------------------

いっこいっこ、この状態にしていけばいいってことだよね。
「ラインスタンプでお金稼ぎたい」って野望のための小さな目標って感じ。
じゃぁ、どうゆう順番でやれば叶えられるかな・・・?

▼並べかえてみた。下から順にやるよ。
--------------------------------------------
・簡単に必要な絵がそろう(・色塗りが楽 も含む)
   ↑
・何を書くか決まっている
   ↑
・周りの人、自分がよく使う表現がテーマになる
   ↑
・スケジュールたててある
   ↑
・締め切りがある
--------------------------------------------

なんかもう、これだけでできる気がしてきた。やったね!
で、ここまで考えて、ほかの人に相談してみたら、
今はラインスタンプ、40個も作らなくていいらしい!知らなかった!!なんだよ!ばか!

 ガイドライン: https://creator.line.me/ja/guideline/sticker/

それも踏まえて、どんなことすればいいのか考えてみた。

▼やること考えた
--------------------------------------------
・簡単に必要な絵がそろう(・色塗りが楽 も含む)
 ├─・過去に書いた絵を使う
 └─・少ない個数で申請する
   ↑
・何を書くか決まっている
 └─・もうすでに決まっている。なにもすることない!!
   ↑
・周りの人、自分がよく使う表現がテーマになる
 ├─1、周りの人、自分がよく使う表現・フレーズを集める
 └─2、集めたフレーズにテーマを付ける
   ↑
・スケジュールたててある
 └─・締め切りに向けてスケジュールを立てる
   ↑
・締め切りがある
 └─・勝手に締め切りを立てる!!
--------------------------------------------

これを下からやってけばいいの!できそう!!

実際には、付箋を使って考えていたの。
手を動かしながらやった方が頭が回転する気がするし、貼り替えて並び替えできて便利!

f:id:sby_neko:20170521162701j:plain


とにかく、やることはわかった。実際にやってみよう!!

****
今回私が行った手法は、TOCfEのATTと呼ばれる思考ツールを利用したものです。
ATTとは、アンビシャス ターゲット ツリー の略。
到底無理と思える野望を実現させるための筋道を立てることができる思考ツールです。

そんなATTが明日から使えるようになるワークショップが
5/27(土)、西新宿であります!!!
 ↓↓↓
https://tocfebc.doorkeeper.jp/events/59320

よろしければ、お気軽にお申込みください。ませ。


****
さて。
なぜ、わざわざブログにしたのかというと、
私が、TOCfEBootCampというワークショップでATTの講師をやるからだ。

つまり、やりたいけどできないことを叶える計画たてる方法を、教えようというのだ。
そんな講師の癖に、やりたいこと、めんどくさがって、やれないまま。
そんな状態で、講師なんて何の説得力もないだろ!!と、
実際にATTを作ってみたのでした。

いままで、野望もないし、ATT苦手だし、私ダメダメだわーって思っていたけど、
改めて、自分の事で書いてみたら、案外すっきりできてしまった。不思議。